今を生きる魂への物語
玻璃真人新記 真言の…
ホームuzumeストーリーピックアッププロフィールリンクお問い合わせ
uzume
----- 新着情報 -----
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23
寒いこの時期は手前味噌仕込みがオススメ。
2011年1月30日 (日)

 早いものでもう二月。寒さはとても厳しいけれど、光はもう春を思わせる明るさです。玄関に活けたネコヤナギも膨らんできました。
 乾燥して気温も低いこの時期は、味噌を仕込むのにぴったりです。真言も繭良村の里で味噌づくりを体験しています。私も以前は友だち何人かと仕込んでいましたが(ワイワイやると楽しい)、最近中断していたら、昨年から家人が四日市のかまどの家で仕込んでくるようになりました。メデタシ。

舞香達が出かけてしばらくすると、松子から声が掛かった。
「マコトはん。豆がええ塩梅ですので、よろしくお願いします」
真言の仕事は煮上がった大豆を潰すことだった。まだ湯気の立つ大豆を大きなすり鉢と擂粉木で潰してはボウルに移していく。
松子も真言の隣で同じ作業をしていた。
「マコトはん、ちょっとつまんで味見してみなはれ」
真言はふっくらと煮上がった豆を数粒つかむと口に含んだ。豆の豊な風味と甘味が口の中に広がった。
「へー、何も味付けしてないのに美味しいね。でもこれが味噌になるなんて想像出来ないなあ」
真言が不思議そうに言った。
「そうですねえ」
松子は手を動かしながら答えた。
~中略~
次に松子は大きな桶で麹と塩を混ぜ合わせた。真言は初めて見る麹を少し味見してみたが、それ自体旨いものではなかった。その桶に潰した大豆を加え、真言はそれをこね合わせるのを手伝った。
「やっぱり男のお人は力が有りますなあ」
松子が感心して言った。
まんべんなく混ざり合ったそれを、大き目のソフトボール位の玉に丸めた。
「わっ、なんか泥団子作りみたいですね」
真言は面白がって、次々に味噌玉を作った。樽に味噌玉をしっかり詰めて封印をし、やっと味噌仕込が終わった。

うずめブログは新聞バッグ
http://uzume.mie1.net/


登録日:2011-01-30 Sun 20:01:19  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

鎮守の森って?考えてみました。
2011年1月22日 (土)

前回の新着情報で、伊勢神宮の森の写真のお話をしました。今回はその続きのようなものです。

神宮のご本殿などお社の設けられているところは特別な場所なんだろうなと思うのですが、山そのものが大切な御神体として守り継がれてきているんでしょうね。お社があるから山が大切なのではなくて、大切にしなければならない山、自然があるからお社が建てられたのかなと思います。
全国どこの神社も、小さな氏神さんまで、ここは大切だからこの場所をお祀りするためにお社を作りましょうか…って言い始めた人たちがいたのかもしれません。
でも、明治以降いろんな事情で合祀などが進んでしまって、もと居た場所から立ち退きを迫られた神様も多かったんでしょうね。土地の開発でも引越しをしなきゃならなかったでしょうし。お社と一緒に引っ越さなかった神様もいるかもしれませんね。でも、そこに残っていても、見守ってあげるはずだった自然も動物たちもいなくなってしまった。自分が神様だったらすごく悲しいなと思ったのでした。

uzumeブログは花びら餅
http://uzume.mie1.net


登録日:2011-01-22 Sat 19:56:55  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

写真の力、言葉の力。
2011年1月21日 (金)

神宮の内宮にお参りしたので、おはらい町通りをテクテク歩きました。


時間もあまりなかったので、いろいろお店を見て遊ぶことはしませんでしたが、写真家 森 武史さんの写真展「日本人のこころ 神宮の森」を見せていただきました。五十鈴蔵で平成26年まで無料で常設展示中です。
www.akafuku.co.jp/

薄暗いギャラリーに神宮の森の光が美しく息づいています。私たちが通常目にすることができる伊勢神宮ではない、もう一つの神宮がそこにあるような気がしました。山深く入らなければ、谷に下りなければ本来見ることが出来ない風景に、別の場所に居ながらにして出会うことができる。それは写真の力だと思いました。
と、同時に、文章とは何だろうとも考えました。形の無いものを形にして何かを伝える。目に見えないものを伝えるために言葉は生まれたのでしょうか?それは、想いだったり、考えだったり、感情だったり…。遥かな昔から先人たちにより作り上げ伝えられてきた言葉。その道具は、他の道具と同じく使い方によって世界を幸せにも不幸せにもする。この道具を正しく使いこなせるようになった時、私たちは次の道具を手にすることができるのかもしれませんね。

写真は神宮で見つけた木。がらんどうなんだけど、なぜか美しく思えました。

もうひとつのお伊勢さんはコチラ
http://uzume.mie1.net


登録日:2011-01-21 Fri 20:15:54  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

お札とはやり病
2011年1月18日 (火)

本日やっと、川上山若宮八幡宮で求めたお札を貼りました。

干支の置物を取り替えるのも遅かったのですが、せっかく求めた新しいお札も張り替えるのが延び延びに…。旧暦のお正月までには何とか張り替えましたという感じです。
火防御守護、厠御守護、出先安全御守護そして悪疫除御守護の四枚を各所に張りました。
その悪疫除御守護ですが、これはたぶん蘇民将来のお守りと同じような意味をなすのでしょうか。
ところでこの時期の疫病というと、やはりインフルエンザでしょうか。週末から小学生の息子がかかり、家族で活動を自粛中です。学級も閉鎖に。
目に見えないものたちが、人の営みや社会の動きに大きな影響を与える疫病。この世に意味のないものは存在しないとしたら、その存在の意味は何なのだろうかと思ったりします。
ちゃんとお札貼っていなかったので、かかっちゃった?ということもないでしょうが、あまり症状がひどくならなかったのは、お札のおかげ?ということにしておきましょう。

うずめブログの月はコチラ

http://uzume.mie1.net

 


登録日:2011-01-18 Tue 20:23:01  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

雲のカタチ子どものココロ
2011年1月16日 (日)

寒波到来の日本列島ですが、雲はといえば、なんとものどかに浮かんでおりました。

雲を見るのが大好きです。だから晴れた昼間のドライブはどこまででも行ってしまえる感じです。本日も中勢バイパスを走行していると、立体的な雲がポカリ、ポカリ。信号待ちにフロントガラス越しにパチリ。
子どもの頃雲を見て、ソフトクリームだ、ゾウさんだ~とか連想したかな?と思い出してみたのですが、そんなにメルヘンな子どもではなかったようです。
小学校くらいの子ども時代って、毎日楽しい空想をしたり、何の悩みもなくその日その日を思いっきりエンジョイしていたのかなと振り返ると、何だか今よりもっといろんなことで悩んだり、考えたりしていたかも…。
思えば、空を見上げることや、今あることを楽しめるようになったのは、つい最近のことかもしれません。

うずめブログ…冬の月はコチラ。
http://uzume.mie1.net


登録日:2011-01-16 Sun 18:32:24  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

ひもろぎの上に神様がちょこんと…。
2011年1月15日 (土)

鳥羽方面に出向いたので、本日は松下神社にお参りしました。

二見の松下神社は、蘇民将来の伝説の地にあり、蘇民のお社もあります。隣にお店もあるので休憩がてら(というと神様のお叱りを受けそうですが…)時々立ち寄ります。神社の杜のあちらこちらに、緑の葉が茂る木を束ねて、鳥居を立てかけたものがお祀りされています。原始に近いお祀りの仕方なのでしょうか。昔の人はそこに神様をお呼びしたんでしょうね。とても素朴なのですが、神様の椅子にぴったりかもしれません。ここにちょこんと座ってらっしゃるのかな?なんて想像すると楽しいです。

うずめブログは、伊雑宮です。
http://uzume.mie1.net


2011-01-25 Tue 09:15:15 / Name : ひろゆき
牛頭天王と蘇民将来、巨旦将来の話は、宗像教授伝奇考第三集の file.16 に載っていて、興味深く読んだ覚えがあります。
考古、民族、文化人類などが溶け合った時代の(その頃の人が聞いたら、そんなことはないと言うでしょうが)、奥深く入り組んだ所垣間見るのもおもしろいですね。
登録日:2011-01-15 Sat 22:45:56  |  コメントを書く (1)  |  問い合わせる  ページトップへ

注連縄。注連縄。注連縄。そのカタチとココロ。
2011年1月14日 (金)

仕事帰りに、松阪市の伊勢寺神社にお参りしました。
飯高方面から松阪I.Cに向かう道から見える神社です。何度かお参りしたことはありますが、お正月近くに参ったのは初めてでした。狛犬さんから遥拝所の碑まで、たくさんの注連縄が掛けられていました。注連縄が掛けられたまだ新しいお社はとても清々しい感じがしました。
近くの路地の角に佇む小さな石にも注連縄を見つけました。何ということはないのですが、そうやってお祀りするそのカタチが美しいと思いました。万物に神が宿ると思う日本人がいる。そのココロが注連縄というカタチに現れているのかもしれません。


うずめブログにも注連縄あります。
http://uzume.mie1.net


登録日:2011-01-14 Fri 22:25:28  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

おみくじ吉凶物語。
2011年1月13日 (木)

お正月のおみくじに果たして凶は出るのか?
と、思っていたら出るんですね。これが。初詣に出かけた川上山若宮八幡宮さんで息子がひいたおみくじにしっかり「凶」とかかれておりました。なんて声をかけるべきか…。「まあ、これより下は無いということで、今からどんどん良くなるんじゃないの~」なんて。同じ様な台詞が「真言」に出てくるではないかと、苦笑しながら言いました。

「マコト、おみくじ引こうよ!」
と、舞香が真言の手を取り、社務所に向かった。
「やった~、大吉!」
おみくじを開いた舞香が飛び上がって喜んだ。
「願い事かなう。学業よろしだって。ね、マコトは?」
舞香が真言の手元をのぞきこんだ。
「わ、うっそー。凶」
舞香の声に長田と葉子も寄って来た。
「まぁ」
葉子が驚いた様に呟いた。
長田は真面目な顔で
「いいじゃないか。それより悪くはならないということだ」
と、慰めともつかないことを言った。

で、おみくじってなんなんだろう?と改めて考えてみました。以前はそれこそ、その吉凶に気分が浮き沈みしましたが、最近はその出てきた言葉から、自分が何を読み取るかが大切なのかなと思います。自分を省みるための一つのきっかけを与えてくれるもの。ちなみに、そのおみくじに書かれていた家族に関しての一文に、実のところ深く深く反省させられるところがあり、心を入れ替え中の宇受女です。
その後、四国の旅先でも小吉だった(懲りない子です)パッとしない息子でしたが、最後にお参りした桂浜竜宮社で「大吉」をいただき、母子ともどもほっと胸を撫で下ろしました(笑)。そこに書かれていた神の教えからの抜粋です。

七ころび八起きという。倒れても起き上がり、ころんでも立ち上がり、力をおとさず、希望をすてず、神様御照覧の下に、正しい道を、ぐんぐんと進んでいく。ただ此の世かぎりの生命ではない。幾千万年の末までつづく、魂の世界がある。

持ち帰って書斎の机の前に貼りました…。
今回は長くなりました。写真は氏神さんの高宮神社鳥居です。


登録日:2011-01-13 Thu 16:12:01  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

ウサギオイシカノヤマ…ふるさと
2011年1月12日 (水)

美里町の辰水神社ジャンボ干支。

今年も、野ウサギかな?ジャンボ&ラブリーな卯が迎えてくれています。2月上旬まで飾られていますので、機会があればぜひ。神社の石段を登りきると、西の山々が一望できます。
本日やっと玄関の開運干支を寅から卯に取り替えました。我が家の干支はミニですが、この一年家族を毎日見守ってくれることでしょう。
ウサギと言えば、「ふるさと」の歌を思い出します。子供の頃、うさぎ追いしを、美味しいと思ってました(意外とそう思っていた方みえるのでは…私だけでしょうか)。美しい歌だと思います。小惑星探査機ハヤブサのDVDでも流れていたと思うのですが、なんというか魂が震える歌です。みんなで口ずさめるのもいいですしね。

ミニ福ウサギはコチラで
http://uzume.mie1.net


登録日:2011-01-12 Wed 21:33:03  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

鏡開きで亀甲占い?
2011年1月11日 (火)

本日11日は鏡開きということで、家中のお鏡さんを集めてみました。

今年は寒さが厳しく乾燥気味だったのか、しっかりと割れが入り、例年に比べてほとんどカビもみられませんでした。
亀の甲羅の割れ具合で、占いを立てた古代のように、お餅のひび割れで占うのも面白そうです。もしかしたらそんな行事もあるのかもしれませんね。
これで今年の動向が分かれば…いいような気もするし、分からないからいいのかもという気もします。

もうひとつのうずめは
http://uzume.mie1.net


登録日:2011-01-11 Tue 15:45:03  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23
Found 10 Uzume's new infomation(s).

 
Hibicore出版 玻璃真人係  |  新着情報    |  個人情報保護方針  |   特定商取引法に基づく表示  |  読者の皆様の声   |   ゲストブック   |  
|  ホーム  |  新着情報  |  ストーリー  |  ピックアップ  |  プロフィール  |  リンク  |  お問い合わせ  |