今を生きる魂への物語
玻璃真人新記 真言の…
ホームuzumeストーリーピックアッププロフィールリンクお問い合わせ
uzume
----- 新着情報 -----
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23
晴耕雨読といいますが。本からいただくものは…その③
2011年10月22日 (土)

晴れた日に田畑を耕すわけではないので、天候にかかわりなく本を読みますが、車の無かった時代は、それこそ雨の日には家でゆっくり本でも読もうか…。という感じだったかもしれませんね。

本そのものについては何も覚えていなくても、その内容のある部分をしっかり覚えていて、何かの折にそれがフラッシュバックすることがあります。
文庫本か何かの一章だったのか?雑誌のショートストーリーだったのか?教科書的なものだったのか?全く思い出せないのですが、内容とその挿絵のイメージを漠然と覚えているお話があります。挿絵があったのかもさだかではないですが…。

外国の町の空き地で、おじさんがしゃがんでは、何かキラッと光るものを拾い上げている。それを見つけたおまわりさんだったかが、怪しんで問いただすとおじさんは手のひらに集めたガラスのカケラを見せたのだったかな。「どうしてそんなものを拾うのか」という問いに対して、「子どもたちが怪我をしないように」と答えます。で、周りを見てみると空き地の離れたところで子どもたちが走り回って遊んでいる。そしてその子たちは靴をはいていない。

もちろんもっとちゃんとした表現だったのだと思いますが、残念ながら再現はできません…。でも残っているんですね。小学校の頃読んだ1ページ足らずの話を。読んだものはそれで終わりではなくて、自分のどこかに残っているんでしょうね。

写真は晴耕雨読じゃなくて、晴休雨動のカタツムリたち。


2011-10-23 Sun 10:38:17 / Name : ひろゆき
またおじゃまします。

昔の話。
当時ろくにものも言わぬ父でしたが(まだ健在です)、『ジル・マーチン物語』という題名の本を買ってもらったことがあります。
わたしが小学3年のころで、書道教室の帰り道、ふたりで立ち寄った鈴鹿市内のちいさな書店でした。
物語の中では、みんなが乗っていた船が赤道にぶつかる(!)場面があり、そこでは『赤道じいさん』なる面妖な人物が登場します。
あとがきの中で、著者である野上彰さんは、幼いころ読んだお話(赤く錆びついた赤道を保全する『赤道ばあさん』)の記憶をもとに書いたのだと述べておられました。
『ジル・マーチン物語』はなんども読みましたが、おそらく3年後の自宅の改築のさいに捨てられてしまったのでしょう。あとでどんなにさがしても見つかりませんでした。
40年以上前の話です。
「真っ青な海の上を、水平線に向かって赤く錆びついた赤道がえんえんと続いている……」とか「こないだの台風のせいでサビが出てたいへん……」
いいかげんな記憶ですが、そんなくだりがとてもおもしろい本でした。

長くなってすみません。昔を思い出すことがほんとうに多くなりました。

さて、うずめさまの文章を見て探してみたんです。
ガラス、拾う、子ども、はだし、怪我、おじいさん、などのキーワードを、とっかえひっかえしていろいろ検索したんですが、それらしいものが見つかりません。
挙句にはどういうわけか、日本昔話の『赤まんま(雉も鳴かずば……)』の話に行き着いてしまい、怖い話をYouTubeでいろいろ眺めて遊んでいました。
秋の夜長といえど時間が足りません。まるで人生のようです。

『ジル・マーチン物語』は、いまの世の中、本気で探せば見つかると思います。
でも、淡い思い出のまま置いておきたいという気持ちも交錯するんですわ。
げんざい父は一病息災。耳が遠くなったぶん声がでかくなり、むしろ外交的な人物に写ります。
2011-10-23 Sun 11:55:14 / Name : うずめ
ひろゆきさま
私も小学校3年生の頃、父に買ってもらった本を覚えています。
「赤毛のアン」でした。結構分厚い本でしたが、表紙の色や絵を今も覚えています。
成人した頃はもう手元になかったかな。
小説はあまり読んでいないので、貴重な一冊かも(笑)
登録日:2011-10-22 Sat 19:03:10  |  コメントを書く (2)  |  問い合わせる  ページトップへ

本からいただくものは…その②
2011年10月20日 (木)

読書の秋のせいなのか?本を数冊ネットでまとめ買いしました。一つの書籍を探すと、リンクする本が次々出てくるから選択に困ってしまいます。どれも「読んでみ~。探していた本だよ~」と囁いて迫ってくるので、ついつい買い物カゴにポイっと入れてしまいます。ネットで購入するのは本くらいだからまあ、いいかなと言い訳しつつ…。
本屋さんをうろうろして、目に留まる一冊を見つけるのも好きですが、それはどちらかというと運命的出会いで、ネットは資料集めという感覚かもしれません。

あの頃あんな本にはまっていたなぁ…と、秋の夜にふと思い出したのは、トルストイの「人は何でいきるか」という本でした。薄い単行本でしたが、高校生の頃何度も読み返した覚えがあります。話は見事に覚えていませんが…。でも心とか精神のようなものを教えてくれた本との出会いだったかなと思います。
タイトル名を確かめるため、ネットで調べていたら、「イワンのバカ」という著作もありました。これは親に買ってもらった本でした…。
もう一回、トルストイ読んでみようかな、十代に戻れるかな?
ああ、でもその前に届いたばかりの数冊の本がありました。

写真はとある神社の境内の遊具。なんかロシアっぽくないですか。レトロでいい感じでした。


登録日:2011-10-20 Thu 20:18:16  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

「ライフ いのちをつなぐ物語」
2011年10月13日 (木)

観たいと思っていた映画「ライフ いのちをつなぐ物語」が明日で上映終了ということで、駆け込みで観にいってきました。朝8時台の一回きり上映なので、子どもを学校に送り出して飛んで映画館へ。
私の他には観客は一人。二人きりのほぼ貸切上映会でした。ぜいたく!でも、平日の朝ですもんね。

生まれ、餌をとる、餌になる、子どもを産む、子育てをする、死。いろいろな生き物の命の有り様を映し出していきます。

他の命を食べて自らの命をつなぎ、食べられる立場のものは自分の死をもって他の命をつないでいく。人間以外の生き物は狩り狩られながら生き延び命をつないでいます。人間は他の命で自分の命をつないでいますが、他の命のをつなぐために自分の命を与えることはめったにありません。

そうやって生き延びている人間は、純粋に生き延びるということのため以外の理由で同じ種である人間の命を奪っている…。なんかな~って。ちょっと軽いですが、ああ、なんかな~って感じでした。こんな人間たちに食べられるくらいなら、他の動物に食べられてその命が生き延びるために役立つ方がよっぽどええわい!という声が聞こえそうです。

それにしても知らない生き物や場所がいろいろ出てきて、あ~、人間ってこの地球のたくさんの生き物の中の一つの種類の動物に過ぎないんだな~と思いました。

 


登録日:2011-10-13 Thu 23:21:32  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

60億キロの旅
2011年10月8日 (土)
映画『はやぶさ』を観てきました。美しい映画でした。映画館でなければ、タオルとティッシュがいったかも。
主題歌も美しかったです。

2011-10-10 Mon 23:10:15 / Name : ひろゆき もしくは 中川京人
映画ではないんですが、去る8月上旬に、四日市市の博物館のプラネタリウム内で、はやぶさの映像を家族で見たことがあります。
じつはある懸念があって家族と少し離れて座席をとったのですが、案の定でございました。
上映中、涙がいくらでも湧き出てきてどうしようもなく、暗闇の中で両足を開いて腱を突っぱらかしてみたり太ももをつねりあげたりして、その痛みでこみ上げる感情をごまかそうとしていました。
ほんと、我ながら何をしているのだと思うんですが、だからといって、このドームの中まで来て目も耳も塞いでいるのはいよいよアホなので、知命の一念、なんとか持ちこたえようと、それこそ映像そっちのけで、あの手この手で努力だけはしたのです。
それでも、結局あかんものはあかんのです。
サングラスでもしなければ、外にも出られない顔になってしまいました。
わなわな動く顎で、「あ、俺泣いた。俺泣いたよ」と、気づかれる前にさりげなく先手を打ったものの、明るい明るいロビーのど真ん中で、嫁に子どもに呆れられました。
2011-10-12 Wed 23:22:38 / Name : うずめ
私が知人の集まりで観たのと同じ内容のものだと思います。
ドラマ化されたものよりもっと淡々とした感じだったと思いますが。
「ふるさと」の歌が流れる映像だったのですが…。
私の場合はそれを観て、「はやぶさ」が単なる機械では無くて、
ひとつの命が宿ったものとして目に映りました。
その時も周りに人がいたので、タオルとティッシュは使いませんでしたが…。
もしかして中川京人さんよりもだいぶ涙のふたが固いのかもしれませんね(笑)
登録日:2011-10-08 Sat 19:57:32  |  コメントを書く (2)  |  問い合わせる  ページトップへ

○○の秋と言いますが。読書にも最適な秋。本からいただくものは…。その①
2011年10月4日 (火)

無性に行きたくなるお店があります。ああ、しばらく行ってないなぁ…。行きたいな~と思うお店です。そんなお店の一つが『cafe cocoro』さんです。玻璃真人の本での募金活動の時に本当にお世話になったお店ですが、それだけではなくてその空間に座って、ほっとする食事やデザートをいただいて本を読むひと時が好きなんです。

今日久しぶりにうかがったら「『リ・メンバー』の本を取り寄せました。もうすぐ読み終わります~」と、お店に足を踏み入れるなりママさんの声。以前にこのブログでご紹介させていただいた私、宇受女のバイブルです。もう一冊の『宇宙の法則』も取り寄せていただいたそうです。

単純に嬉しいですね。自分がイイ!と思った本を読んでくれるということは。
ココロのママさんならその本の中にとても多くのことを感じていただけるのではないかとワクワクしてしまいます。
一冊の本から拾い上げるものは人さまざま。その内容もスーッと入ること、サーッと流れていくことと色々です。でもきっとどこかに残っているんでしょうね。記憶だったり、心の中だったり。そして時々何かの拍子に顔をのぞかせては、あぁ、そういえばとかあ、そっか~という気付きを与えてくれたり。

本から得るものがすべてではないし、拾い上げるものすべてが良いものとは限りません。自分の心の琴線に触れるものなのか、それともヤバイものなのか?それを選択するのは自分の感性しかありません。その一冊が自分の薬にも毒にもなりえるのですから。そう考えると本を読むというのもある意味真剣勝負だな~と思う読書の秋の夜でした。

写真はスポーツの秋の運動会。フェニックスのような雲が応援してくれてましたよ。

 


登録日:2011-10-04 Tue 19:48:38  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

お彼岸です。彼岸花がちゃんと咲いています。プラス…
2011年9月23日 (金)

毎年この時期に思うことですが、秋の彼岸の頃になると必ず彼岸花が里山のあちらこちらに姿を現し、畦を土手を庭を赤く彩ります。
それまでは何の気配も見せないのに、先週辺りからシュンと伸びた黄緑の茎が目につくようになり、お彼岸に入ったと同時に開花します。
花が咲き始めるまで、そこに彼岸花があったことすら忘れているのに、律儀にお彼岸に入るのを待って咲き始めます。
当たり前といえば当たり前なんですが、とても不思議に思えるのです。少なくともこの辺りでは大きくずれることなく今頃満開を迎えます。
なんだかそんな何気ないことが何だかありがたく思える今日は秋分。
と、約一ヶ月ぶりの新着情報は秋分の日のつぶやきでした。
9月15日に小説家になろうのサイトにアップしていた「玻璃真人新記 真言の…第一部覚醒」の最終章をアップし終えました。
本で読んでいただいた方も良かったらまたのぞいてみてください。読まれていない方は一度読んでいただければ嬉しいです。
第二部は遅々たる筆(キーボード?)ではありますが、書き進めています。

小説家になろうの玻璃真人のサイトです。

http://ncode.syosetu.com/n5893u/

写真は秋分の日 ヒビコレ裏庭の彼岸花


2011-09-24 Sat 12:16:10 / Name : ひろみ
彼岸花は小さい頃からとっても気になる花だった。
哀愁があるのかなぁ〜?その容姿かなぁ〜?
毒々しい感じもして不気味な印象の花だったなぁ〜。
群生しているとドキドキしたなぁ。
2011-09-25 Sun 12:25:00 / Name : うずめ
ひろみさま。
同じく。同じく。子どもの頃から気になってました。
彼岸花は、お盆の迎え火と同じように、まさに彼岸からこちら側の世界に
お里帰りする時の目印なのかもしれませんね。
だから律儀に、律儀に彼岸に咲いて、彼岸が明けると枯れていく。
昨日は息子の小学校最後の運動会。
田舎ならではの地区と合同の運動会です。
あたりまえのように地域のみんなで運動会ができる。
これって幸せだなあと、青空に舞う万国旗を見上げながら思った母でした。
登録日:2011-09-23 Fri 20:03:18  |  コメントを書く (2)  |  問い合わせる  ページトップへ

創り出したのは誰?創っていくのは誰?
2011年8月29日 (月)

「マトリックス」という映画を観たことがあります。自分たちが今生きている現実だと思い込んでいる世界が、実は自分のだったか、コンピュータによるものだったかずいぶん前に観たのでうろ覚えなのですが、仮想現実、夢のようなものだということに気づいてしまう主人公の話でした。
とても深いテーマを語っていると思うのですが、映像がハードだったのが個人的には残念でした。

もしこの世界が自分の見ている夢だとしたら?夢でなくても私たちの思ったことや願ったことがこの世界に反映されているとしたら?そんな考え方もあると教えてくれるのが、グレッグ・ブレイデン著の『宇宙のマニュアル』(ソフトバンククリエイティブ株式会社)とスティーブ・ロウザー&ザ・グループの『リ・メンバー』(ナチュラルスピリット)の二冊の本です。私は何度も読み返しています。

想いと感情がつながった時、この世界に物事が具現化するという考え。これを受け入れるためには、今の自分の状況は自分が生み出したものであり、これからの自分の未来は今の自分が創り出していくのだということを認める強さが必要なのだと思います。

私自身がそのことをすぐ忘れてしまい、ふと思い出して書いたのが5月8日にアップしたハリマビトノウタ『宇宙の約束』でした。その続編のような『未来へのオモイ』を今日アップしました。

 

写真は美里町の里山風景です。


登録日:2011-08-29 Mon 12:49:32  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

六十六年目の八月十五日
2011年8月15日 (月)

終戦記念日の今日、津市の護国神社を参拝してきました。
母方の祖父の御霊もこの神社に祀っていただいているので、毎年夏になると実家に、万灯御霊祭りだったでしょうか、そんな案内が届いていたのを覚えています。
もちろん会ったこともない祖父です。仏壇に飾られた一枚の遺影だけが、その存在を教えてくれていました。
南島で終戦間際に亡くなったという話は聞いていましたが、仏壇やお墓参りの時に手を合わせるだけの遠い存在でした。

三年ほど前に鹿児島の知覧から飛び立って行った若者たちの、特攻隊の映画を観ました。子どもの頃からそれまでも色々な戦争に関する映画やドラマは観てきていましたが、それは歴史の一部のような感覚で観ていたのだと思います。父母は戦争体験がり、私自身が生まれた時もまだ戦後十数年しかたっていなかったのですが、それでもそれはすでに歴史の教科書の世界だったような気がします。
魂というものを考えるようになってから観たその特攻隊の映画が、かつての戦争は単なる過去の歴史ではなく、今を生きる私たちにつながる出来事なのだと気付かせてくれました。その舞台であった知覧にお参りしたくて、八月初旬に鹿児島に行ってきました。

先日初めて祖父の亡くなった島の名前を母に聞きました。知らない名前の島でしたが、今日神社の碑の中にその島の名前と場所を見つけました。ああ、ここなんだ…って思った時、自分に祖父がいたんだなと心で感じることができました。

これまで戦争については、教科書で学んだことをそのまま事実だと鵜呑みにしていましたが、私が学んできたことは勝者が描いた歴史なのかもしれないと最近思っています。日本にも対戦国にも様々な面があり、良い面も悪い面もあったでしょうから、色々な角度から過去を紐解いていかなければならないと思うこの頃です。


登録日:2011-08-15 Mon 20:49:23  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

庭いじり一ヶ月。ちょっと嬉しい小さな成果。
2011年8月10日 (水)

前回のブログアップが7月13日。早くもひと月がたとうとしています。草刈マシーンにノコギリ、剪定バサミとツールをとっかえひっかえ、ひたすら草木と向き合い三週間が過ぎ…。
木々が生い茂るジャングルと腐葉土の地と化した庭もそれなりにすっきり。お化け屋敷状態の敷地の草も刈り終わり、風通しもよくなりました。
毎日人間はこんなに汗をかくものなのか~という日々。そして夜はもちろん冷えたビール。しんどかったけれど、毎日変化していくのを見るのは楽しみでした。
庭いじりの初めに、息子と作ったヘチマ棚に植物のツルがグングン伸びて、今朝一つ目の朝顔の花が咲きました。嬉しくなって思わずパチリ。
ということで、久しぶりにブログ復帰いたしました。


登録日:2011-08-10 Wed 23:19:22  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

草刈マシーンデビュー
2011年7月13日 (水)

玻璃真人の里、美里に移り住んで早7年目です。気がつけば敷地の周りが草だらけ。草と笹とツタと、木々の枝と…。日々南国のジャングル化しております。
ああ、刈らねば、刈らねば…と横目で見て通り過ぎる日々でした。
時折鎌を手にしては、申し訳程度にチョンチョンと刈ってみるものの、大勢に変化なし。
「やっぱり草刈機だよな~。草刈機でなきゃな~」そう思いつつも、草刈機を手にすることはありませんでした。二年前にムシの害が出て、ああ思い切って刈るぞ~と、草刈機を購入しました。そしてその夏、家長が裏の草を一度刈ってくれました。が、以来2年間出番も無く、小屋に眠っておりました。
案の定、この夏またムシの害が発生。いよいよなんとかしなくてはと、草刈マシーンに初挑戦。最初は使い勝手が分からなかったものの、知人に教えてもらってなんとか使えるようになりました。

里山では毎日のようにどこかで、草刈機のウィーンという音が響いています。夏には早朝から。
初めて聞いた頃は、その音がまるで草の悲鳴のようにも感じました。刈られて痛いんだろうな~と。それに刈ってもまたすぐ伸びるんだからキリが無い作業だなあとも。
でも最近この草刈という作業は、草を根こそぎ無くしてしまうのではなく、草を散髪しているのかなと思うようになりました。どこもかしこも丸坊主になってしまったら、どんな虫も棲めなくなり、それを餌とする鳥も棲めなくなってしまいますから。
ということで、以前は「草が痛そうで…」なんて考えていましたが、今は「散髪してすっきりしよ~か」と声をかけて草刈機を手に…。

結構はまります。草刈マシーン。
写真は木曽三川公園のフラワーパーク江南。動物会議?です。


登録日:2011-07-13 Wed 17:56:50  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23
Found 10 Uzume's new infomation(s).

 
Hibicore出版 玻璃真人係  |  新着情報    |  個人情報保護方針  |   特定商取引法に基づく表示  |  読者の皆様の声   |   ゲストブック   |  
|  ホーム  |  新着情報  |  ストーリー  |  ピックアップ  |  プロフィール  |  リンク  |  お問い合わせ  |