今を生きる魂への物語
玻璃真人新記 真言の…
ホームuzumeストーリーピックアッププロフィールリンクお問い合わせ
uzume
----- 新着情報 -----
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23
モクレンの花から「この世で一番の奇跡」へ
2011年4月21日 (木)

ハリマビトノ恋文で「モクレンの花」というウタを書いたのですが、それを読んだ友人が、「木蘭(もくれん)の涙」という曲の詩を教えてくれました。
YouTubeで曲を聴き、さっそく本日レンタルしてきました。音楽の世界にはあまり詳しくないので知らなかったのですが、スターダストレビューが歌っていて、佐藤竹善さんもカバーしているようです。ちなみに佐藤さんのCDをレンタルしてきました。
曲を聴く前の昨日、「木蘭の涙」への返歌のようなウタ「モクレンの贈り物」を書いたので、ハリマビトの恋文にアップします。

「モクレンの贈り物」は、残していった恋人へのメッセージのようでもありますが、それは父からの、母からのあるいは親しい友人からの、そして大きくとらえると地球からの、宇宙からのメッセージなのかもしれないと、ウタを書き終えて思いました。

その「モクレンの贈り物」は、すべて自分の周りにあるものは、共にいる人々は、今ここを生きている私自身のために誰かが与えてくれたものかもしれないという思いで書きました。すべて私のために用意された愛のメッセージなのかもと思うと、受け止め方も向き合い方も不思議と変わってくる…愛おしく思えるのです。

そしてそれは「この世で一番の奇跡」というオグ・マンディーノの本の世界に続きます。私たちは一人ひとり、みなこの宇宙から生み出された「この世で一番の奇跡」なのだと。cafe cocoroさんのお客さんが貸してくれたのですが、とても良い本です。機会があればぜひ読んでみてください。

私たちはみんな「この世で一番の奇跡」として生まれ、愛のメッセージに満ちた贈り物を受け取っている…現実はそんなに美しくも、甘くも、強くも感じられないほど、ハードだったり、苦しかったりするかもしれません。でも、自分はこの世で一番の奇跡で、実は見えない愛で満たされていると思ってみると、今という瞬間をちょっと違う見方でとらえ、向き合うことができるかもしれません。

思うアホゥに思わぬアホゥ、同じアホなら思わなそんそん!って歌ありませんでしたっけ?(笑)

 

2011-04-23 Sat 17:03:21 / Name : ひろゆき……えーお久しぶりで
 ともかく肩の荷だけは下りた定期試験の最終日、高校の正門から最寄駅までを結ぶ一本道で、同級の三人は答合わせをしながら鹿の仔のようにほたえていた。
 いつものような背中を射抜くいやらしい色の西日もなく、ぼくたちは自らの影を踏まずに歩くことができた。空はかんかんに青かった。光が充満していた。
 駅との中間地点にさしかかったころ、ぼくは右手のネギ畑の畝の間に野球のボールが泥砂を被っているのを見つけ、考えもなしに拾い上げた。黒かびで汚れ、傷も出ていたが、ずっしりと重く、おもちゃでないことはすぐにわかった。
「硬式のほんまもんやな」
 ぼくは野球にはぜんぜん関心がなかったのだけど、大人の落し物、社会を構成する部品の一部をたなごころに乗せたような気持ちになっていた。
 ──ちょっとこれ貰ろとこ。本物の硬球や。あんな根深の荒れた畑に埋まっとるほうがおかしい。にやわん。
 やめとけさ。こんなんほかしとき。そんな連れの言葉にも耳を貸さず、ぼくは仲間の手をひと回りしたボールが戻ってくると、砂を払い、隙間だらけの学生鞄にしまおうとした。
 そのとき、左隣にいたTが、「おまえ知らんらしいから教えといたるわ」といって話を始めたのである。駅前の交差点は600メートル先でかすんでいた。15歳の汗も息も、いまとは違っていた。
 本物の野球のボールというものはじつは恐ろしい代物なのだとTは言ったのだ。
「おまえ硬球の芯、見たことないやろ。当然や。見ようとしたら目が潰れる。ええか、あの中にはなあ」
 要約するとこうである。
 認定をパスした公式なボールの構造は、じつは精緻を極めている。投げたときの無用の回転やふらつきをコントロールするために、芯となる核には超高圧下で圧縮された、液体とも気体ともつかない異様な物質が使われており、それがいったんはゴムのように弱々しい皮膜に充填されている。弱々しいだの充填だのといっても、それは何千バールという気の遠くなるような高圧下での工程であり、間違って娑婆に出ようものなら、皮膜はたちまち猛り狂ったように、数千倍にもなる外観を呈しながら爆発する機会を窺うことだろう。
 それを現実のボールの形状に納めるものは何か。力に対し力で押さえつけるものは。
「何やと思う」
 聞いておきながら、Tはぼくに数秒の時間も与えなかった。陽気だった。
 それは糸なんだそうだ。糸といっても単一の種類ではない。羊毛、麻糸、綿糸、合成繊維、炭素繊維といった5種類もの糸が、直径わずか2センチメートルの芯の回りに、何百何千何万回も巻きつけられ、さらに繊維の隙間には特殊な薬液が充填され、それを繰り返すことで、ようようあのボールの大きさにまでなるのだという。信頼の糸。一縷の望み。近代的なボール作りには、この特殊な芯と、それにもましてそれを取り巻く糸の技術が欠かせないのだとTは続けた。製造過程でかかるこれらの高コストは、数をこなすことでまともな値段に納まっているのだという。
「このボール、ここに大きな傷があるやろ。けっこう深いな。こういうのが危ないんや。これは俺の従兄弟が知り合いから聞いた話なんやけどな」
 Tによると、そのどこかに住むどむならん奴というのは、ボールの中心が見たくて全容を解明したくて仲間に自慢したくて、根気強くやすりで削ったりのみで穿鑿したり宥めたりすかしたり蹴飛ばしたりして、どや半分ぐらいまでみしったったぞ、という段になってどうも傷口の容子がおかしい。このプツプツやかましい音は何ぞと訝る間もなく、直後に裂け目からほとばしる得体の知れない液体により両眼を潰してしまったのである。
 ──せやからお前、こんな深い傷のあるボールを今日みたいな暑っつい日に部屋の中に置いとってみ。一発でボーンかもしれんど。
 直射日光の入る勉強机の上で、ボールがいきなり破裂する絵を、Tは想像している。
 でもぼくは別なことを考えていた。
 矛盾という言葉が浮かんだ。例の矛と盾を同時に鬻ぐ人の話である。あの商人、あのとき何と答えたんだっけ。
 技術の粋を集めた危険なものを技術の粋を集めた安全なもので包んだものは、それが野球のボールのように、手のひらに、身近に、隣町にあるときに、危険というレッテルを貼るべきなのか、それとも安全なんじゃと治まるべきなのか。
 ボールなら安全だろう。でもその安全は、いかに芯が危険とはいえど、しょせん生命を脅かすような性質のものではないぜよという、危険性の上限値に依拠しているにすぎない。
 たとえば芯の安全度が百点満点中たったの1点であったとしても、そのまわりに安全度の高い容器で何重にも包み込めば、全体の安全を請け負うことも可能だろう。
 でも中心の安全度が0点だったら。
 ──0点ちゅうのはお前、ゼロという値打ちとは違う。マイナス百点やマイナス1万点や言われても何も返せへんのやぞ。0点ちゅうのはそういうこっちゃ。
 模試の物理Ⅰでたまたま0点を取ったとき、父はそう言った。物理という科目は0点を取りやすい。知ってて言ったのか。
 中心の安全度が0点なら、生命の壊滅をもたらすものなら、いかなる安全基準を満たす仕組みでくるもうとも、詰まるところ、まことの平安は得られまい。
 あのときは、そんな考えもなかったが。
 ボールを手にして歩いていたのは百メートルほどだったが、ぼくは行人の面前でどぶに投げ入れた。
 Tの話を聞いて、ボールが少し重みを増したように感じたからだ。
 手に泥のにおいが少し残った。
2011-04-23 Sat 18:38:18 / Name : うずめ
ひろゆきさま。
実は、私が小学生の頃、実家の母が硬球かな?いろいろな糸でぐるぐる巻きになったボール玉に、皮を貼って赤い糸で縫い閉じていくという内職をやってました。私も手伝ったというか、邪魔をしたことがあるのを思い出しました。「安全」の定義ってなんでしょうね。車だって飛行機だってガスコンロだって何だって「危険」は含んでますよね。100%の安全ではないとどこかで分かっていながら
文明の利器を使っている。もちろん細心の注意を払うという前提で。でも、100%安全でなければ使用してはいけないものもあるはずです。今回の原子力発電所というのもその一つだと思うのです。この文明を享受させてもらった私たちはともかく、未来の子どもたちにあまりにも大きなつけを残してしまった。そして人間だけではなく、動物を植物を巻き込んでいる。これは私たち人間のあまりにも大きなおごり…。テストの0点は怒られて追試して何とかなりますが、取り返しのつかない0点もあります…。
登録日:2011-04-21 Thu 23:30:17  |  コメントを書く (2)  |  問い合わせる  ページトップへ

勝手に玻璃真人アーティスト 福山雅治さん
2011年4月18日 (月)

勝手に玻璃真人シリーズ第2弾。
17日の日曜日に、小六の息子と伊勢で開かれた福山雅治さんのコンサートに行ってきました。
震災以来中止されていたツアーが、伊勢から再スタートを切り「ひとつになろうや 三重」の言葉を繰り返していましたが、アンコールの最後で「桜坂」を歌ったその何分間かは、そこにいた8,700人の想いがひとつになった…会場がそんな空気に包まれたような気がしました。

で、なぜ、玻璃真人アーティストなのかというと、それは私がその歌に日々励まされているからです。誰かを幸せにしたり、楽しくしたり、元気付けたり…そうすることができる人は玻璃真人なのだと思います。たとえ幸せにする対象がたった一人でも、幸せにする対象が動物でも、植物でも。
世界を明るく灯すことができれば、みんな玻璃真人。ただその照らすことのできる明るさは、一人ひとり違う…そういうことだと思うのです。

ランプのホヤを磨くように心を磨き、慈愛というオイルを芯にたっぷり染み込ませて燃やす玻璃真人の灯りには、石油もウランも不要です。

登録日:2011-04-18 Mon 23:58:21  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

ニーチェの言葉 No.125
2011年4月9日 (土)

先日本屋をのぞいてみたら、哲学系のフェアをやっていました。

『ニーチェからのメッセージ』が印刷されて栞が、おみくじのように引き出せるようになっていて、引っ張ってみたら最後の一枚でした。その栞に記された言葉は、『No.125 自分の夢に責任を持つ』というものでした。

大きなものから身の丈大のかわいいものまで、夢はたくさん描いてきましたが、思えばどれも描きっぱなし、言いっぱなしという感じです。

「夢を見るのは自由でしょ!」という台詞は、テレビドラマや日常で口にしたり、耳にしたりすることはよくあるように思えます。でもよくよく考えてみると、「夢を見る=想いを描くあるいは祈る」ということ。
ということは、ひとりひとりの見る夢が未来の世界を作っていくということ。

自分の夢に責任を持つということの意味は、実現するまでその夢を諦めるなということと、その夢の実現で生じた結果に責任を持てということなのかもしれません。
「深いぞ。ニーチェの言葉…」とうなずきながら、本を買わなかったので小心者の私は、そっと栞をもとにもどしておきました。

その『夢』のハリマビトノウタアップしました。

登録日:2011-04-09 Sat 19:39:27  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

勝手に玻璃真人ソング ゆず ”Hey和”
2011年4月9日 (土)

ここ数年、聴く歌というと福山雅治さんで、いつも車で流れているのは、家族がきっと呆れているだろうなというほど偏っているのですが、今日4月8日に、繰り返して聴いたのは、ゆずの "Hey和"という曲です。
とてもいい歌だと友だちに歌詞を教えてもらったので、さっそく買いに走りました。
ストレートな歌です。こんな歌を作るゆずの人たちはきっと玻璃真人に違いないぞ、ゆずのファンの人たちもきっと玻璃真人に違いないな…などと、思いながら聴きました。
コーラスの『ヘイワ』が美しいです。機会があれば耳を傾けてみてください。
勝手に玻璃真人に決定のコーナーでした。

登録日:2011-04-09 Sat 00:05:50  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

ハリマビトノ恋文…ちょっと春
2011年4月6日 (水)
四月に入って初のHP更新です。
今年は遅いよね~と、あちらこちらで囁かれていた桜も、入学式に間に合わせてくれたのでしょうか、花を付け始めてきました。今週末辺り、見頃になってくるのでしょうか。
今、花というと桜という感じですが、菜の花、パンジー、さまざまな花が春を彩ってくれています。
木蓮もその一つ。今日はその白き花からイメージした『ハリマビトノ恋文』をアップしました。
今回はちょっと大人向け?
登録日:2011-04-06 Wed 23:34:15  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

3月29日午後8時 心を合わせて歌います。
2011年3月28日 (月)

友人のミュージシャンMarioさんから、29日の午後8時に、祈りを込めてみんなで歌を歌おうというメッセージメールをいただきましたので、ご案内します。

以下長いですがメールの引用です。

元気ですか?今、飯山はまた雪景色、ふぶいてます。一人でも多くの方への呼びかけです。

先ほどかっこちゃん(映画四分の一の奇跡の山本加津子さん)に連絡しました。
かっこちゃんと話しをして、29日テネシーワルツを宮ぷーと一緒に歌おう!を決めました。
一人でも多くの方と繋がり歌える事を願います。以下、かっこちゃんのメルマガに呼びかけた文です。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

かっこちゃんのメルマガを読まれている皆様へ、呼びかけます。以前、宮ぷーのお祈りで、テネシーワルツを全国に呼びかけた丸山です。

その節は、繋がっていただき本当にありがとうございました。日増しに元気になっていく宮ぷー。リハビリを毎日頑張る宮ぷー。会いに行くたびに男前が上がり
本当に嬉しく思います。
毎回行くたびに、音楽を届けに来たはずの僕が逆に励まされます。

今、日本は地震で、本当に大変な事になりました。地震、津波、放射能汚染、美しい日本はどうなってしまうのでしょうかか?みんな不安でいっぱいになってい
ると思います。

僕の住んでいる飯山も、車で40分の距離にある栄村は建物の崩壊、線路下の土砂崩れ、いまだに飯山線栄村は不通です。地震から10日、地震で避難所になってい
る一つの、栄村北信小学校に行ってきました。

子供達と紙飛行機を作り、飛ばし、みんなで歌を歌い、笑顔がいっぱいのひと時、命が輝くひと時を共に過ごしてきました。4月に入ったら仙台、福島へ入り、避
難所を回る予定です。

音楽は祈りです…こんな時こそ音楽、歌が必要に思います。皆さんに呼びかけます。もう一度テネシーワルツを歌いませんか?

今度は、被災地で度重なる余震、寒さで震えている人達に、津波で亡くなった人達に、福島原発の中で寝ずに頑張っている人達に、また放射能汚染がこれ以上広
まらないためにも、みんなで心を一つにテネシーワルツを歌いませんか?

僕は宮ぷーの病院で、ギターを弾きます。今度は、宮ぷーと一緒に宮ぷーの大好きなテネシーワルツを歌い、日本中、世界中で心を一つに合わせ、祈るのです。

3月29日夜8時(宮ぷー祈りの時間)きっかりから…海外の方は日本時間夜8時でお願いします。その時間、働いている方は、心で歌うだけでもいいです。ハミング
でも、ラララでもいいです。大切なのはその瞬間心を一つに合わせる事。音楽が出来る方は、キーAで3コーラス奏でると宮ぷーの病院と同じになります。

今度は宮ぷーも一緒に、歌います。それも宮ぷーの大好きな歌…みんなの真剣な歌と祈りは、凄い力になり、必ず復興のエネルギーになると信じます。宮ぷーに
奇跡が起きたように…

一人でも多くの方と繋がり心を合わせて…子供達の未来のためにも、どうかよろしくお願いします。

命は一つ、世界は一つ!

  春は必ず来ます!

  風の音三郎Mario〓

追伸文

みんな、29日よろしくお願いします。今地震で被災している福島の友から連絡が
ありました。ぜひとも『ふるさと』も歌いたいと…追加します。
29日はテネシーワルツとふるさと2曲、歌いましょう!

順番はテネシーワルツの後にふるさとです。みんなよろしくお願いします。ちな
みに音楽出来る方はふるさとのキーはFでお願いします。水はきよきふるさとは
繰り返してね。

今、世界がひとつになり歌い、祈る事が、必ず被災地の皆さんを勇気づけ、復興
のエネルギーになると信じます。一人でも多くの方と心を合わせ、みんなで歌い
ましょう!

よみがえれ日本!よみがえれふるさと!

  春は必ず来ます。

  風の音三郎Mario〓

歌が世界を変える。そして想いが世界を変える。

世界中で同じときに同じ歌を、会ったこともない人たちが心を合わせて歌う。きっと何かが起こりますね!(うずめ)

 



 

登録日:2011-03-28 Mon 14:28:42  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

今だから想い描く未来
2011年3月25日 (金)

輪廻転生…。いのち?魂は一度きりではなく、何度も生まれ変わる。この考えは世間一般では、まだあまり受け入れられていないかもしれません。

しかし以前よりずいぶんそれを信じる人が増えてきたようなきがします。私は過去世の記憶があるわけではないのですが、感覚的に今生きている今世がすべてじゃないと思っています。

だから今回の震災で命を亡くされた方々も、それがいつなのかはわかりませんが、この世界に新しい命として帰ってくるような気がします。
その時に『すてきな世界に生まれてきて良かった』と、思ってもらえるような世の中であってほしいと思います。
そしてそんな世の中を作れるのは、今生きている私たち。
私たちはどんな未来を描くのでしょうか。

ハリマビトノウタ『みんなが笑って暮らせる…』をアップしました。

登録日:2011-03-25 Fri 23:48:08  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

Add Cafeさんにも感謝です!
2011年3月24日 (木)

震災募金活動用の玻璃真人本を、Add Cafeさんにも置いていただけることになりました。

『Add Cafeさんにも募金の本置いてもらえば!』という友人の声にうながされるように、思い切ってお店をたずねてみました。お出かけ前でお忙しかったにもかかわらず、飛び込みのお願い事に、二つ返事でお引き受けくださいました。
さっそくコーナーを作ってくださり、居合わせたお客さんがその場で募金に協力してくださいました。
感謝!感謝です。これで、cafe cocoroさんに続きご協力いただけるお店が二軒になりました。

Add Cafeさんにはスピリチュアルな世界に関心のあるお客さんも多いので、本に興味を持ってくださる方がみえると嬉しいです。今、募金の本でご縁をいただいているのは、なぜかカフェなのですが、津の町っていいカフェ多いですよね。

★Add Cafe
 ℡.059-246-9338  津市南丸之内13-20 

登録日:2011-03-24 Thu 19:20:39  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

前川 晴さんの『助け愛たい展』
2011年3月22日 (火)

今日から『第5回 晴(はる)展』が、ララスクエア四日市で始まりました。

前川 晴(はる)さんは、書家であり、占い師であり、カウンセラーであり、そして『ことばと書』の作家でもあります。

ご縁をいただいたのは、玻璃真人の本の<上>を出版した2008年でした。その頃、晴さんも『しあわせはじぶんの心が決めるもの』という一冊目の本を出されていて、お互い伝えたいのは同じようなことですねと話した記憶があります。その後二冊目の『ようこそ真の幸せへ』を出版。晴さんの手書き文字に谷口愉歩さん(なんと、現ヒビコレの女将です)がイラストを添えた温もりの伝わる本です。

今回の展示会は『助け愛たい展』ということで、作品の売上全額を震災の方々にお届けするという趣旨で開催されました。
再生をイメージさせる透明なペパーミントカラーの額縁に、やさしい晴言葉(はる ワード)が、書かれています。

会場におじゃまして、久しぶりにゆっくりとお話をすることができました。
晴さんの占い名は『木花咲耶子』コノハナサクヤヒメのお名前をいただいてますが、その名の通りの品のある素敵な方です。落ち着いた柔らかな雰囲気なのですが、さすが富士山の神様のお名前をいただいているだけあって、内で熱く燃えていらっしゃる方です。
同じように神様からお名前をお借りしているウズメも、名前負けしないように頑張らねばと思う日でした。

3月31日まで開催されているので、言葉の春を見つけに行かれてはいかがでしょうか。(なんだか、仕事調の結びで終わってしまいました…)

 

登録日:2011-03-22 Tue 23:06:56  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

おマツさんの料理が地球を救う?
2011年3月20日 (日)

原発の事故以来、放射能除去食品についての様々な情報をいただきました。

セレン…毛ガニ、ホヤ、マグロの角煮など。
イノシトール…オレンジ、グレープフルーツ、メロンなど。
コエンザイムQ10…いわし、オイルサーディンなど
カルシウム…小魚、さば、あんきもなど。
また、玄米がいいとか、濃い味噌汁がいい、発酵食品が効く。
などなど。

しかし、海草にしろ上に記したものにしろ、よくよく考えてみると、昔から日本人が食べてきたもので、ちょっと意識すれば毎日の普通の食事でとれるものばかり。(毛ガニ、ホヤ、メロン、あんきもは違いますが…。)

まさに『真言』に登場する松子…おマツさんが作るような食事だったのですね。
私の周りには、味噌などや漬物などの発酵食品を自分で作ったりする人が結構います。おマツさんのイメージは、そういう友人たちのイメージから生まれました。(モデルの人たちはもっと若いですが)。
本を読まれた方の中から、おマツさんが好きという声を結構耳にします。
『本宮 松子 献立集』『おマツさんのレシピ』というのが出来たら面白いかもしれません。

登録日:2011-03-20 Sun 23:23:56  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23
Found 10 Uzume's new infomation(s).

 
Hibicore出版 玻璃真人係  |  新着情報    |  個人情報保護方針  |   特定商取引法に基づく表示  |  読者の皆様の声   |   ゲストブック   |  
|  ホーム  |  新着情報  |  ストーリー  |  ピックアップ  |  プロフィール  |  リンク  |  お問い合わせ  |