今を生きる魂への物語
玻璃真人新記 真言の…
玻璃(水晶)の心を持ち続けるあなたへ
home新着情報ストーリーピックアッププロフィールリンクお問い合わせ
なぜ生まれてきて、今生きているのか。

時に小さな声で、時に大きな声で問いかける何かに動かされ、少しずつ答えのピースを探していく。
そのピースも出来上がるジグソーパズルの絵も、ひとりひとり違うけれど、どこか重なるピースがあるかもしれません。

この小説は私の見つけたピースを散りばめたものです。
読んでいただいた方の答えのピースになるものがひとつでもあれば幸いです。

玻璃真人作家 新美 宇受女   (にいみ うずめ)

What's New
『行くがよいお前の道を』 10年目の日に
2017年2月11日(土)

今日は建国記念日ですが、実は玻璃真人の本の出版記念日でもあります。2008年の今日、『真言の…』の第一部を自費出版しました。もう9年にもなるんですね。構想が浮かび書き始めたのがその2年以上前ですから、もう10年以上真言たちと付き合ってきたわけです。出版のその日は小さな出版パーティーを開催し、お友だちに集まっていただきました。

9年を振り返ってみて、出版は成功だったとは言えないけれど、書かないより書いて良かった。出さないより出して良かったと思っています。出さなければ抱えずにすんだ悩みも体験しましたが、出したからこそ繋がることのできたご縁もありました。10年目のスタートを切る今日思うのは、玻璃真人の道を歩き続けること。その心を新たにすべくか、昨夜0時を過ぎ2月11日を迎えるとウタが湧いてきました。詩ではなく歌なのでメロディー付きですが、ここでは文字でご紹介させていただきますね。

 

行くがよい お前の道を 訊くでない お前の道を

ただ目を見張れ 真の瞳で ただ耳澄ませ 素直な音を 辿って行けば 

道がわかる 見つめていれば 真は見える

写し出されるそのものは おのが心の鏡に映る

鏡の曇りているのでは 朧に映るばかりぞよ

鏡の歪んでいるのでは 正しきものは 映らぬぞ

お前の道を 行くがよい お前の足で行くがよい 誰にも道は尋ねるな

おのが心に従えよ 神と思える声にとて 

お前の答えでないのなら その道選ぶで 決してない 

お前の道をひとりで行けよ ひとりで行けども ひとりでないぞ

この満月の 如月の月の満ち満ち満ち満ちる日に 

国の建ちたる寿ぎのこの日に お前に贈ろうぞ

このウタお前に贈ろうぞ ただお前の道を行け

 


登録日:2017-02-11 Sat 11:57:14  |  コメントを書く (0)  |  問い合わせる  ページトップへ

2017年2月3日(金)
2016年9月13日(火)

 
Hibicore出版 玻璃真人係  |  新着情報    |  個人情報保護方針  |   特定商取引法に基づく表示  |  読者の皆様の声   |   ゲストブック   |  
|  ホーム  |  新着情報  |  ストーリー  |  ピックアップ  |  プロフィール  |  リンク  |  お問い合わせ  |